ARTICLE ARCHIVE

ライフスタイルショップ店主が乗りたい車「シトロエン」|暮らしとおしゃれの編集室

©主婦と生活社/暮らしとおしゃれの編集室 2021年10月

カラリとした風が気持ちのいいこの季節、いつもより少し遠くに足を延ばしたくなりますよね。とはいえ、電車での移動はできるだけ避けたいところ。そんなことから最近、「暮らしの中に車があったらどんな毎日になるだろう」と想像してみたり、実際に車を買って「行動範囲が広がって、新しい楽しみ方が増えた」と感じていたり……という人が増えているそう。

単なる移動手段としてではなく、暮らしを前向きに楽しくするためのものだから、せっかくなら心がキュンとするポイントがたくさん潜んでいる車を選びたいですよね。そこで今回、「自分用の車があったら、休日のお出かけも仕事ももっと楽しくなりそう」と常々考えていたという恵比寿のライフスタイルショップ「RECTOHALL(レクトホール)」の店主・廣田佐知子さんに、「デザインが素敵!」と注目していた車に試乗していただきました。

廣田さんが気になっていたという「CITROËN(シトロエン)」の「C3 エアクロスSUV CUIR。真っ白な外観のショップの前に停まっていると、やさしいトーンのグレージュとオレンジのアクセントがいっそう引き立ちます。

「この大人っぽい色合いのアクセントカラーに惹かれました。実はお店ではシンプルな服や小物、ヴィンテージ家具を主に扱っていて、セレクトするアイテムはほとんどが紺や黒、白などのベーシックカラーなのですが、先日スタッフから『廣田さん、赤やオレンジのものもよく買い付けていますよね』と指摘されてはじめて、『確かに』と気づいて(笑)。シックな中にほんの少しだけポップな要素が入っている感じが好きなのですが、“C3 エアクロスSUV CUIR”にもその共通点を見つけて嬉しくなりました」

「それから、このモデルは内装にレザーが使われていると聞いて気になっていました。明るめのブラウンの色がとても上品で大人っぽいですね」

こちらのモデルはフランス語で「革」という意味を持つ「CUIR(キュイール)」という名前がつけられているだけあり、上質なレザーシートや内装が特徴のひとつ。

「しっとりとした手触りが心地よく、いいソファーに座ったときのように、しっかり体を支えてくれる感じがします。車に乗っているというより、自分のためのスペースでくつろいでいるような気分ですね」

ヘッドレストなどのファブリック部分はモノトーンの切り替えになっており、千鳥格子模様がシックな印象。まるで伝統柄の服とレザーバッグをコーディネートしたようなおしゃれな雰囲気です。

「レザーハンドルが手縫いされているところにも驚きました。お店で扱っている革靴ブランドのデザイナーさんから、靴の制作工程でハンドステッチを取り入れるのは、高度な技術がいることや手間がかかることからとてもハードルが高いという話を聞いたことがあります。カーブに合わせて丁寧に縫われているからこそ生まれる独特の佇まいがあって、靴でもハンドステッチが入っているものは人気なのだそう。同様に車でもこれだけこだわった内装なら、乗るだけで気分が上がる気がします」

シフトレバーのベース部分やサイドブレーキには、さらに細かいステッチが。こちらにはあえて白が使われていて、デザインのアクセントにもなっています。

「レザーアイテムは使えば使うほど味が出て、長い間愛用できるところがいいなと思います。毎日使う靴やバッグと同じように、車にも愛着が持てるのってなんだかいいですね」

「家族で乗る車はあるのですが、一人で出かけるときは私はいつも自転車派で……。でも、もし自分用の車を持つことができたら、行動範囲も視野もぐんと広がるような気がしています。一番行ってみたいのは、地方で開かれる骨董市。いま扱っている家具は海外のもの中心ですが、日本のいい古家具を見つけ、装飾や塗装、汚れを落として時を経たぬくもりだけが残るようメンテンスして並べれば、他にはないラインナップになりそうです。日本中の骨董市を回れたらいいですね。それから、いつか犬を飼いたいと思っていて、思いきり走れる大きな公園に車で連れて行ってあげたいな……なんて妄想したりもしています(笑)」

「もちろん仕事でも活躍してくれそうです。椅子やローチェストなど小さめの家具は、車で配送できると日々の作業量が随分違うと思います。宅配便で送るにはかなり厳重に梱包する必要がありますし、ヴィンテージ家具はすべて一点物なので替えがききません。その点、近場へなら自分で直接お届けできたら、すごく安心だなあと」

コンパクトサイズの「C3 エアクロスSUV CUIR」ですが、SUVだけあってラゲッジルームが広く使いやすいのも特徴のひとつ。後部座席を前にスライドさせれば、このようにスツールや椅子など、大きな荷物を運ぶことができます。仕事に使うのにも休日を楽しく過ごすのにも、女性にちょうどいいサイズ感です。

廣田さんのように「車があったら、どんな暮らしになるだろう」と考えるだけで、気持ちが明るく前向きになる気がしませんか? 外出するのに様々な配慮が必要な今だからこそ、自分の気持ちにピタッとくるデザインの車を暮らしに迎え入れて、これまでとはちょっぴり違う毎日を送ってみてはいかがでしょうか。

photo:小山奈那子

Citroën(シトロエン)
C3 エアクロスSUV CUIR

Profile
廣田佐知子 Sachiko Hirota

「RECTOHALL(レクトホール)」オーナー。店では、永く愛されるミニマムで使いやすいデザイン、どこか生活感を手放すような美しさのあるものをコンセプトに、衣服、靴、革小物、バッグ、現代作家の器やアンティーク家具を中心に扱う。

https://rectohall.com/
https://kurashi-to-oshare.jp/tags/rectohall/
IG「@rectohall

この記事は
www.kurashi-to-oshare.jp