ー双子タレント広海・深海(ひろみ・ふかみ)としての経験を経て、現在FUKAMIさんはスタイリストとして、そしてお兄さんの広海さんはデジタルマーケティングの会社をしてらっしゃいますが、FUKAMIさんはどうしてスタイリストなろうと思ったんですか?

FUKAMI 僕、中卒で大阪に出て、ちょっとだけ年齢ごまかしてアパレルでバイトしてたんですね。ずっともうアパレルの仕事に興味があったんで。で、そういう仕事をしていて、あとショーウィンドウ作ったりとか、服に携わる仕事が一番自分の人生の初めの仕事に近い仕事だったので、それをやった後に芸能のお仕事やらせていただいたんで、なんか自分のやりたい事って何だろうって、ちょっと一回芸能界をやりつつ足を止めた時に、やっぱりファッションやりたいなと思ったから、いろんな人に紹介していただいて、野崎美穂さんって人に面接していただい時に、この人のところでやりたいなと思ったので、ぜひやらせていただきたいと思ったのがきっかけで、ご縁があって就かせていただいた感じです。

ー2012年にスタイリストの野崎美穂さんのアシスタントになられたんですね。

FUKAMI そうですね。結構前ですね。

ーそれを経て独立されたと。どれぐらいアシスタントされていたんですか?

FUKAMI 2年ぐらい。結構短いです。それでファッションの勉強というか、スタイリストになりたいと思ったのはそれがきっかけですね。お節介なので人にやってあげたい気持ちが強いので、そのお節介な気持ちを叶えてくれる仕事がスタイリストだっただけです。

ーお節介って、すごいネガティブな言葉使ってますけど、ケアだと思うんです。私も実際にやってもらっていて、冬になれば靴型のホッカイロが出されたりとか、夏になったらローブが夏仕様になったりとか、もふもふのスリッパが出てきたりとか。こういう普通のスタイリストさんじゃない対応、ケアみたいな部分をしてくれるなと思うんだけど。それは元々の性格から?

FUKAMI おばあちゃん子だったからじゃないですか。おばあちゃんとかおじいちゃんの世代の人ってなんかやりたがるじゃないですか。歌舞伎に行ったら隣にいる赤の他人から飴もらう感じです。私たちは幼少期おじいちゃんおばあちゃんに育ててもらったので、もしかしたらそういうところがあるんじゃないかなと思います。頼まれてないのにやっちゃうっていう。もしかしたら嫌がられるかもしれないけど、それでもなんか気になることは人にやっちゃうし、それが気にならないって感じです。

ーアシスタントの時、芸能活動はどうされてたんですか?

FUKAMI やりつつです。

ースケジュール混ざらないんですか?

FUKAMI それはうまく事務所と相談しながらやってましたね。アシスタントなんだけどタクシーで行ったりしてて、すごい怒られたことあります。間に合わないわと思って。笑

ーなんでタクシーで来てるの!って?

FUKAMI 間に合わせることはもちろんお仕事だから大事だけど、人に見られるとちょっとって。

ーそれでしかも現在は東京服飾専門学校の講師をやられてて、東京ガールズコレクションブランドディレクターなども務めていらっしゃる。スタイリストだけじゃなくてファッションにもまるまるディレクションとかもやっていると。

FUKAMI そうです。あとは昨日、一昨日からかな、マガジンのブルーピリオドっていう漫画があるんですけども、そこが渋谷を一週間ジャックしていて、その渋谷ジャックのファッションを私が監修させていただきました。そういうなんかいろんな、もう何でも屋さんですね。万屋のようにいろんなものやります。

ーでもファッションに関係してますよね?

FUKAMI そうですそうです。

ー子供の頃からファッションが好きだったんですか?

FUKAMI 子供の頃に多分抑圧されてたんですよね。たくさん服もなかったし、自分がなんか人見てて例えば晴れ着とか、よそ行きの服とかそういうものが、私たちはたまたま貧乏だったからそれを着る機会がなかったから、それを見てて羨ましいなって人より多分思ったんですよ。その時はあんまりそれに対してフォーカスしてなかったので思わなかったですけど。今考えると、だからだと思います。抑圧されたものが、大人になって全部買えるとか、全部できるとなった時に、じゃあそれを仕事にしたいと思ったんだと思います。

ー素晴らしい。インスタとかもね活発にやられてますけど、一般人の方からファッション悩んでます!みたいなメッセージ来ると思うんですけども、すごい広い質問にはなるんですが、スタイリストとしてファッションに悩んでる方へのアドバイスをお願いします。

FUKAMI 僕は雑誌をやらないので、流行をめちゃくちゃ産むタイプのファッションに属してはないので、あえてそれを言わせていただくと、好きなものを誰に何を言われても着ることが人生で一番大切なことだし、誰に何を言われても好きな風に思うことも大切だと思うんですよ。何が言いたいかっていうと、日本ならではのことなんですけど、流行ってるブランドを着たい、で流行らなくなったブランドは持ちたくないっていうのがとても強く出るなっていつも思っていて、それってなんか無意味な気がして。その人が着たいものを着て、その人がやりたいような人生を送ることが私は幸せだし、その人生を豊かにしてくれるものがファッションのはずなのに、ファッションが人生を制限しているものになってる気がするので、だったら自分の好きなもの着てくださいというのは、あえて、すごい月並みですけど言いたいなっていつも思ってます。

ー気持ちの方からね。

FUKAMI そう。なんか着たいもの着るの。誰に何を言われても。そしたら馴染むから。

ーまずは自分の気持ちに素直に。

FUKAMI そう、流行ってるからではなく、着たいものを着るです。

ーはい。今後、今も着けていらっしゃいますけども、伊勢の真珠を使ったアクセサリーを販売する予定なんだそうですね?

FUKAMI そうなんです。出身は三重県の伊勢志摩のところで、あこや真珠の養殖がすごい活発なんですよ。で親戚の方で、ちょっと廃業するかもしれないってことで、コロナ禍で去年相談を受けて。もしよければスタイリストさんであったりとか、ファッションをやってる人なんで、何か真珠を使ってアクセサリーを作ってくれませんかとお願いされて。ただ田舎の真珠屋さんなんで、そこと組んで何かオシャレなものを作れるとは私は思わなかったので、じゃあもう真珠を買いますってことで真珠を買って、その真珠を持ってドイツのメーカーさんのブロッセってブランドさんと一緒に真珠のアクセサリーを作ったんですけど。そもそも僕がその真珠をやりたいなと思った理由が、真珠って今は流行ってるけど、世の中にあんまり浸透してなかったものだし、またこの今の流行りだから日本の。またこれ真珠のブームが終わったらゴミになっちゃうじゃないですか。なんかそれが気持ち悪いと言うか、もったいないなと思うので。

ーすごく美しいのにね。

FUKAMI そうなの!あと本物を着けると本当に綺麗なの。

ー修学旅行で一回行ったことがあって、本当に感動したの覚えてる、小学生ながらに。こんなに綺麗なの?って。真珠ってお葬式の時とか特別な時にしか着けるイメージなかったけども、今日みたいにカジュアルに、しかも丸いだけじゃないんですね。

FUKAMI バロック真珠って言って、あこや真珠のバロック真珠ってなかなか取れないんですけど、核を入れてない真珠なんですけど、形を形成されてなくって、大昔は捨ててたもの。途中ですごい希少が上がったもの、今は数が少ないものになったものなんですけど、そういうもの集めて、この私のアクセサリーを買わなくても良いから、何か人が本物の真珠着けてみたいなと思うきっかけになればいいかなと思って。そしたら結果として私の親戚もきっと潰れなくて済むし、真珠の業界みんながちょっとずつ潤えばいいなと思ったから、アクセサリー作ってみようかなってのがきっかけです。

ーこれはいつ販売なんですか?

FUKAMI それ決まってないけれど近々にと思っています。

ーぜひアップデートチェックしていただけたらなと思います。

FUKAMI お願いします。

ー一曲お届けした後は、くつろぎ時間の過ごし方を伺いたいと思います。FUKAMIさんにくつろぎ時間に聴きたい曲をセレクトしていただきました。曲紹介お願いします。

FUKAMI Sade -『By Your Side』です。