長岡 亮介(ながおか・りょうすけ)

長岡 亮介(ながおか・りょうすけ)

神出鬼没の音楽家。ギタリストとしての活動の他にもプロデュース、楽曲提供など活動は多岐にわたる。「ペトロールズ」の歌とギター担当。

フルゴネットとは

フランス語でライトバンという意味。たっぷりいろいろ積み込むことができる、荷室を持ったクルマのこと。シトロエンでは2CV をベースに、2CV FOURGONNETTEが有名で、多くの人々の生活に彩を加えました。

9月10日OA

24回目の放送となる今回は、長岡亮介のひとり語り。リスナーからのお便りをもとに妄想ドライブを楽しみました。


都内某所「FOURGONNETTE」と名付けられた’特別な場所’からお届けする番組です。
24回目の放送となる今回は、長岡亮介のひとり語り。リスナーからのお便りをもとに妄想ドライブを楽しみました。

ディスプレイを駆使して、本日は妄想ドライブ

リスナーの皆さんから届いた、たくさんのオススメドライブスポットに関するお便り。
本日のFOURGONNETTEはディスプレイを準備して、実際に地図を見ながら妄想ドライブを楽しみます。

まず紹介されたドライブスポットは“北海道”。
国道336号線が好きな方からお便りをいただきました。
小樽から襟裳岬に帰る際に通るというこのドライブコース。

長岡は、国道336号線は走ったことがないようですが、38号線はドライブしたことがあるそうで、起伏ある道で景色も目まぐるしかったと走った時のことを回顧しました。

お次も“北海道”からのエントリー。
十勝北部にある、上士幌町ナイタイ高原をオススメしていただきました。
眺めのいいなだらかなカーブと眺望のいい頂上のレストランが最高とのこと。

長岡は「牛がいるところは地面がいいよね。木がないから起伏が綺麗に見える」とリスナーからのオススメに太鼓判。次の旅のテーマはナイタイ高原にしましょうと嬉しそうに話します。

「苦手な道特集も面白いな〜」と長岡

今回はまるっと妄想ドライブ回。本当にたくさんのお便りありがとうございます!
“九州”からエントリーされたのは、福岡県の荒津大橋
長岡は「ここを走ったら造船所が見えるんじゃない?」とひと言。
空港からZepp福岡に行くときなんかは都市高速を走るそうです。
「ここはインダストリアルな景色でいいですよね」とのこと。

また、長岡は「橋の継ぎ目って怖い」と話し、橋の話で盛り上がる一幕も。
「苦手な道特集も面白いな」と新たな企画の提案もしてくれました。

そしてそして、“島根”からのエントリーもありました。これだけ多方面からオススメのドライブスポットのお便りが来ると、本当に各地で聴いていただけているんだなと思いますね〜。嬉しい!

島根からはベタ踏み坂をオススメしていただきました。
境港から江島に行くこの橋。数年前に少し話題になりましたね。
コンクリート製の桁橋としては日本最大、ラーメン橋という構造の中では世界で3位ということです。

長岡は「橋の下を大きな船が通るんだろうなと推測しますが…、すごいですね。アクセルかブレーキをベタ踏みって意味なのかな?」とひと言。

そのほかにも宮崎県南部の海沿いを南下するコースやウッドストックの時代にタイムスリップしてみたいと長岡が好きな時代をドライブするなら…といったお便りもいただきました!

皆さん、いつもお便りありがとうございます!
引き続き、身の回りのことや、最近感じていること、秋の夜にここ「FOURGONNETTE」で流れると良さそうなリクエストなど、お待ちしています!

メッセージは番組サイトから送ってくださいね

妄想ドライブ回いかがでしたか? まだ聴いてない方はタイムフリーでぜひ!
それでは、来週の放送もお楽しみに!

オンエア楽曲

Thinking of You / Sister Sledge
Shame / Craig Ross
Lost Highway / Lusts
Highways of my life / The Isley Brothers
Comment te dire adieu / Francoise Hardy

グーグルマップ

本日のライナーノーツ

先週は、流行病のCOVID‑19に見事に倒されまして…。少しお休みをいただいておりましたが、今週からまた‘現場に居合わせたライター・笹谷’がライナーノーツを担当します! またお付き合いください。冨加津さん先週はありがとうございました!

番組が始まって、都内某所「FOURGONNETTE」に行くのが習慣となっている筆者ですが、この頃全然収録に参加できず、とても寂しい気分でした……(笑)。そんな中久々の収録、今回は長岡亮介のひとり語り。長岡さんの声を聞くだけで元気が戻ってきたわけでありますが、本日の収録は“妄想ドライブ回”とのこと。いつもとは違うセッティングが施されています。

雑多な空間のFOURGONNETTEにはとても大きなモニターがあるんです。今回はそのモニターに地図を映して、リスナーから届いたオススメのドライブスポットに関するお便りに答えていきましょうというのがスタッフからの提案。

そんな提案に長岡は「タモリ倶楽部みたい!」と嬉しそうに反応します。うん、確かに「タモリ倶楽部」みたい……(笑)。

数多く届いたドライブコース。北海道から九州まで全国各地からお便りが届いていると思うと、こんなに多くの人が聴いているのかとこちらも嬉しくなってしまいます。
長岡は1つ1つ丁寧にお便りに答え、「ここ走ったことあると思うんだよね~」とモニターの地図を見ながらいろんな思い出を語ってくれています。

これは私ごとですが、島根のベタ踏み坂を紹介されたのが少し嬉しかったなと。地元である鳥取とお隣・島根を繋ぐ、数年前に話題となったベタ踏み坂。長岡は「アクセルかブレーキをベタ踏みって意味なのかな?」と話していたけれど、意外とベタ踏みしなくても登れちゃう坂道なんですよね……(笑)。でも知らない方はぜひお写真を見てください、写真だとかなり急勾配に見えます…。でも走ってみると普通の坂です(笑)。

やはりクルマの話題だといつもよりも声が弾んでいる気がする長岡亮介のひとり語り。皆さんのお便りに答える姿はとても微笑ましく、今日はすごく楽しそう。本日は、「タモリ倶楽部」チックに収録をしましたが、リスナーの皆さんにその場の雰囲気が伝わればいいなと思うFOURGONNETTEチームでございます。

あっという間に時間は過ぎ、収録は幕を閉じましたが、終了後も長岡のトークは続き、「ここ行ったことある? すごい景色だよ」、「ここにはこんな伝説があってね〜」など話が尽きないご様子。いろんなお話をする長岡の姿はさながらタモリさんの雰囲気をまとっていました(笑)。皆さんのお便りのおかげで本日も楽しい収録になりましたよ!

引き続き、身の回りのことや、最近感じてること、秋の夜にここ「FOURGONNETTE」で流れると良さそうなリクエストなどお便りお待ちしています! 

それでは、本日はこの辺りで。来週の放送&ライナーノーツもお楽しみに!

文:笹谷淳介