OWNER INTERVIEW

今回のインタビューは、オーナーのひとりが開設したキャンプ場に2CV乗りが多数集まったスペシャルエディション。原嶋さん、岩崎さん、森さんだけでなく、たくさんの方に愛車への想いをうかがうことができました。

「人生の分岐点を作ってくれた車。決して離しません」
「タイムマシンに乗っている感じで非常に楽しいです」
「他にこういう車はない。唯一無二の存在です」

2CVというフィルターを通して集まったみなさんは、やはりどこか似ている部分があります。愛車への想いを語る口調は自然体で穏やかですが、その愛はどこまでも深く、不変的。そして、互いの車を眺めながらいかにも幸せそうな表情をされるのがとても印象的です。

見ているこちらまで幸福な気持ちになれる“2CV CAMPING”。そのワンシーンをご紹介しましょう。

2CV乗りがキャンプ場に集うイベントを開催

車を眺めながら外でお酒が飲めるキャンプは、車好きにはたまらないイベントですね。今回はどういった経緯で2CVオーナーさんが集まったんですか?

岩崎さん 20数年来の友人である森さんがキャンプ場を開設したということで、「それだったら2CVのキャンプをやろうよ」と持ちかけたのがきっかけですね。

 

森さん 2CV乗りの中でキャンプをしている人ってどのくらいいるんだろう?と正直心配だったんですが、開催してみたらこれだけの人数が集まったのでちょっとびっくりしてますね。

2CVを通じて知り合った、感性の近しい人たちと

キャンプ場で参加者の到着を待つ間、こちらに近づいてくる2CVの姿が目に入るたび「あ、○○さんが来た!」と盛り上がるみなさん。大切に長く2CVに乗っている方ばかりなので、人と車が完璧に結びついています。同じ車を愛好する人同士、感性や価値観も似ているようで、心地よい関係性が続いているといいます。

 

 

インタビューでも、「人が面白い」と感じている方が多いことが伝わってきました。

 

「2CVに乗ってる人たちって、人間が面白いんですね。みんな価値観が似ているというか、そんなところもありますね」

 

「2CVはもちろん好きなんですけど、2CVとかシトロエンっていうフィルターを通した人間のほうが、とても面白いです」

 

「それぞれのオーナーの個性を出して楽しんでいる。それをまた違うオーナーが見て、すごい!これ、どうなってるの? と、そんな会話で盛り上がるんです」

 

大好きな2CVを通じて生まれた「人と人とのつながり」を楽しんでおられる様子が素敵です。

 

 

先生の愛車に影響されて、2CVを買った教え子

中学時代、教員用の駐車場で2CVを見かけ、オーナーである先生に声をかけて以来の付き合い、という「先生と教え子」同士のお仲間も。

 

「入学したときに駐車場を見たら先生の水色の2CVが停まっていたんです」

 

「何年かしたら、2CV買いました!って、家まで見せに来てくれたんですよね。何かの縁なのかなぁ、なんて思いますね」

 

教え子だったその人は、動画の中でカルガモ走行をする先頭のフランス国旗を振っている青年です。今回のキャンプに集まったほぼ全員の名前をご存知で、本当に楽しそうでした。車を持つことで人生が変わる、人とのつながりが増えるといいますが、「2CVを所有する」というのは、まさにそういうことなのかもしれません。

一言では語り尽くせない2CVの魅力

参加者全員に「ご自身の2CVの好きなところ、自慢できるところをひとつ教えてください」と質問したところ、ほぼ全員が一瞬言葉を失いました。「全部が好きすぎて、ここ!とは言えないです。ひとつだなんて・・・」と。

 

誰もが自分の車を心底愛していることは間違いないですが、「車自慢」をわざわざしないのも2CVオーナーらしいところ。

 

「あなたにとって2CVとは?」の質問には、「家族」「相棒」の答えが多数。インタビュー当日も、「家族や相棒と一緒にキャンプを楽しんでいる」という雰囲気に包まれていました。

 

ちなみに「2CV」はフランス語で2馬力を意味するdeux chevaux。発音はドゥ シュヴォですが、日本では英語の発音から「ツーシーブイ」などと呼ばれています。参加者も「ドゥシュヴォなんて、こっぱずかしいですよ」と照れ笑いしながら「ツーシーブイ」と呼ぶ方が多かったようです。「ニシーブイ」派もちらほら。「子どもの頃に好きになったから数字は日本語、CVはそのままアルファベットで」と、その理由を話してくださる方もいて、車との長い歴史を感じました。

 

あなたにとって、2CVとは?

原嶋さん:運転手や同乗者が幸せな気分になれる<br />
車だと思います。<br />
岩崎さん:フランスへの憧れを叶えてくれる車です。<br />
森さん:僕の人生を狂わせてしまった張本人です。

原嶋さん:運転手や同乗者が幸せな気分になれる
車だと思います。
岩崎さん:フランスへの憧れを叶えてくれる車です。
森さん:僕の人生を狂わせてしまった張本人です。

取材協力

 

 

キャンプベース安中榛名

標高約420mの高台にあり静かな環境で楽しめるキャンプ場です♪

 

ソロ、デュオ限定の小さなキャンプ場。
ファミリーや大人数のグループがいない、静かな環境でキャンプを楽しめます!

 

冬のキャンプにうれしい、お風呂場あり、炊事場も給湯付き!
※車で15分程でスーパー、ホームセンター、温泉施設もあります。


夏は平地より涼しく、冬は雪も殆ど降らず、空気の澄んだ時期は星空も綺麗です。
2CVが乗り入れているのは、草地のサイト。
初心者も、上級者も、思い思いのスタイルでキャンプを楽しみました!