フランスの風

シトロエンのある景色を旅しよう

洗練されたパリの風景をはじめ、美しく雄大な田園都市、風光明媚な港町など、
フランス各地の「今」を季節感あふれる写真で旅しませんか?
歩く目線で、車の視線で、フランスの風をお届けします。
町の暮らしにとけこむシトロエンの姿もお楽しみに。

エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス
エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス

バカンスシーズン真っ只中のフランス。太陽と海が輝く南フランスはフランス人だけでなく、世界中から夏を満喫するために観光客が訪れます。
コートダジュール地方には100近くの村がありますが、今回は特に人気のエズ村とサン・ポール・ド・ヴァンス村をシトロエンで旅します。

エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス
エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス

コートダジュール地方には、「鷲の巣村」と呼ばれる断崖絶壁の斜面の上に築かれた村が数多く残っています。
さかのぼること中世時代、敵の攻撃を避けるために険しい岩山や丘の頂上に村を築きました。その村の姿が鷲の巣に似ていることから、「鷲の巣村」と呼ばれるようになったそうです。
コートダジュールの紺碧の海にオレンジ色の家々のコントラスト、その美しさに心奪われます。

エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス
エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス

ニースやモナコからさほど遠くない場所に位置するエズ村(Èze Village)。海を見下ろすことができる海抜約400メートルの高い崖にある中世の街並みは、まるでタイムスリップしたような景色が広がります。30分程度で周れる小さな村ですが、ブティックやギャラリー、ホテル、レストランなどもありハネムーンで訪れる人も多いそう。
黄色と白の外壁が印象的なエズ教会は、荒廃していた以前の教会に代わり18世紀末にイタリア人建築家アントワン・スピネッリにより再建されました。1984年にはフランスの歴史的建造物として指定されています。

エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス

エズ村で外せない観光スポットエズ 植物園 (Le Jardin Exotique)は、丘の上、村の一番高い場所あります。この頂上のパノラマからは、広大な海やコルシカ島の山々を見晴らすことができ、異国情緒あふれる庭園には多種多様な植物が溢れています。

エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス
エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス

お腹が空いたら海を一望できる絶景レストランへ。
暑い日にぴったりのガスパチョ、鯛のセビーチェをチョイス。フレンドリーなスタッフとの会話も楽しみつつ、地中海を眺めながら心地いい時間を。

エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス Les Remparts
72 Rue Grande, 06570 Saint-Paul-de-Vence

エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス
エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス

もうひとつの村は、サンポール・ド・ヴァンス (Saint Paul de Vince)。中世の街並みを残した、芸術の村として有名な観光地です。
ピカソやモディリアーニなどたくさんの芸術家やアーティストを惹きつけ、なかでもシャガールはこの村に移り住みここで生涯を終えました。村には彼の眠るお墓があります。

エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス
エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス

そしてちょっと寄り道して、ニースの東にあるボーリュー=シュル=メール(Beaulieu-sur-Mer)という高級別荘地へ。19世紀末から20世紀初めにかけて、冬の時期に世界各国のセレブリティたちの人気スポットとなった場所。大きなふたつのビーチとふたつの港が人気。ニースのビーチと比べて少し落ち着いた大人のリゾートを満喫できる穴場的なスポットです。

エズ&サン・ポール・ド・ヴァンス

夏の雰囲気にぴったりなコートダジュール地方の旅はいかがでしたか?フランスのバカンス気分を味わっていただけたら嬉しいです。シトロエンとの車の旅はこの先も続きます。また次の旅でお会いしましょう。

文:Chisa Mizushima
撮影:KOS-CREA