フランスの風

シトロエンのある景色を旅しよう

洗練されたパリの風景をはじめ、美しく雄大な田園都市、風光明媚な港町など、
フランス各地の「今」を季節感あふれる写真で旅しませんか?
歩く目線で、車の視線で、フランスの風をお届けします。
町の暮らしにとけこむシトロエンの姿もお楽しみに。

ナント
ナント

パリから車で約4時間、TGV(高速鉄道)で約2時間、飛行機では約1時間。ロワール地方最大の都市で、ヨーロッパでも人気の観光地のひとつ。芸術や文化が盛んで、フランス人が選ぶ住みたい街ランキングでは常に上位にランクインしています。
大きすぎず、小さすぎず、生活するのにちょうどいい大きさで、自然も豊か。市内は車がなくてもトラムやバスが豊富なので、観光に慣れていない人にもおすすめです。

ナント
ナント ナント ナント ナント ナント ナント ナント

17世紀から19世紀にかけて行われた、アフリカ大陸とアメリカ大陸を結ぶ三角貿易によって、ナントはフランス最大の港へと成長しました。現在も残る華やかで洗練された街並みは、この頃に出来上がったと言われています。

世界的にも有名な『海底二万里』を書いたSF作家ジュール・ヴェルヌの生まれた街ナントは近年、現代アートに出会える街としても注目されています。
毎年8月〜9月に開催するイベント「ル・ヴワャージュ・ア・ナント(Le Voyage à Nantes)」では、中心街に伸びる緑色の線をたどって行くと、アートスポットを巡ることができます。

ナント
ナント ナント ナント ナント ナント ナント

フランス文化省によって歴史的建造物のリストに加わったブルターニュ公爵城。フランス王国に併合される前の13世紀に建てられ、ブルターニュ公爵によって15世紀に建設された、要塞のようなお城。城の内部にはナント歴史博物館があり、ブルターニュ公国の歴史について学ぶことができます。また、周囲500メートルの城壁は歩いて回れ、ナント市内を一望できる、おすすめのスポットです。

ナント
ナント ナント ナント ナント ナント ナント

お腹が空いたら、シェフご自慢のお料理とナチュラルワインが楽しめるこちらのレストランへ。

店名は「穏やかさ」「親切」という意味のL’Aménité。まさにこの名前にぴったりの居心地のいいお店では、元トレーダーだというシェフがいつでもあなたを歓迎してくれます。クリエイティブでイキイキとした料理をぜひ楽しんでください。
ランチは、前菜、メイン、デザートとチーズのコース。この地域の食材をぜひ満喫してください。

ナント L’Aménité
4 Rue Fénelon, 44000 NANTES
www.lamenite-restaurant-nantes.com

ナント

ナントの中心にあるロワイヤル広場は、ナントを象徴する観光スポットのひとつです。
中世から残る城壁を取り壊した時に、この街生まれの建築家であるマチュラン・クリュシーによって、この美しくエレガントなクラシカル様式の広場が造られました。
のちに噴水が設置され、ここでは年間を通してさまざまなイベントが開催されています。

ナント

1843年に完成したこのパッサージュは、フランスで唯一の三層構造で、各階には小さなブティックが並んでいます。
アーチ型のガラス張りの天井や柱には、彫刻や華やかな装飾が施されています。
この美しいパサージュはたびたび映画の舞台となることもあり、多くのアーティストにインスピレーションを与えています。

ナント
ナント ナント ナント ナント ナント

街のシンボルにもなっている機械仕掛けの象「グランド・エレファント」。高さ12メートル、4階建ての建物に相当し48トンもの重さがあります。鋼と木で造られた巨大な象が、最大50人もの乗客を乗せ鼻から水を噴射させながら歩く姿は圧巻です。
SF作家ジュール・ヴェルヌの世界観を表現しようと、アート集団 「La machine(ラ・マシン)」によって創られた遊園地 「Les Machines de l’ile(レ・マシン・ド・リル)」には、他にも巨大な蜘蛛、大きな翼を持つサギ、イモ虫やハチドリなどさまざまな機械仕掛けの生き物がいます。現在進行形のこのプロジェクトは、「サギの木(L’Arbre aux Hérons)」と名付けられており、敷地内の工房で試作中の作品を見学することができます。

ナント Les Machines de l’Île
Parc des Chantiers, Bd Léon Bureau, 44200 Nantes
www.lesmachines-nantes.fr

ナント

1902年創業の老舗キャンディー屋さん、Les Rigolettes Nantaises (レ・リゴレット・ナンテーズ)でお土産を探しましょう。店の名前は、創始者である菓子職人シャルル・ボユの飼い猫の名前に由来するそうです。
創業当時から変わらないレシピで今も作られており、キャンディーの中にはフレッシュなフルーツのピューレが。甘い果実の濃厚な香りが楽しめるだけでなく、昔ながらの可愛らしくデザインされた缶に入れられているのも人気の理由。贈り物にぴったりです。

ナント Les Rigolettes Nantaises
18 Rue de Verdun, 44000 Nantes
www.les-rigolettes-nantaises.com

ナント

歴史的な建物を残しつつ、現代アートで街を活性化するナント。人気の街の旅はいかがでしたか?シトロエンとの車の旅はこの先も続きます。また次の旅でお会いしましょう。

文:Chisa Mizushima
撮影:KOS-CREA