topics

習い事の送迎はEV走行、遠出の旅行はハイブリッドで! 車大好きパパを中心に、シトロエンの性能と乗り心地を家族で満喫【CITROËN COMFORT CAMPAIGN Vol.1】

「シトロエンのコンフォートな乗り心地をぜひ体験してほしい!」という願いをこめて、車両をお貸しする『CITROËN COMFORT CAMPAIGN』(貸し出し期間は2021年9月後半〜年明けまで)。予想を上回る多数のご応募をいただき、シトロエンへの熱い想いを寄せてくださった中から、2名様が決定!
まずは、CITROËN C5 AIRCROSS SUV PLUG-IN HYBRIDのモニターに選ばれた生沼さん一家をご紹介します。


Profile
生沼夏郎さん
都内公立小学校の教員。中学生男子2人と小学生女子のお父さん。現在は家族構成に合わせた利便性を重視して国産SUVを所有されています。幼少期から大の車好きで、「快適で先進的なカーライフを送りたい」と、新居を建てる際にEV用の電源も設置。C5 AIRCROSS SUV PLUG-IN HYBRIDに注目していたところ今回の試乗キャンペーンを知り、「ぜひ乗ってみたい!」と応募されました。

生沼家に迎えられる「CITROËN C5 AIRCROSS SUV PLUG-IN HYBRID」の特徴を担当者より解説

試乗車両の引き渡し当日、3人のお子さんと一緒に待ち合わせの場所にやって来た生沼さん。「初めてご覧になるC5 AIRCROSS SUV PLUG-IN HYBRIDはいかがですか?」とお尋ねすると、「じつはキャンペーンに応募した日に実物を見たくなって近所の販売店で試乗させていただいたんです」とうれしいお返事。

まずはシトロエン担当者より、C5 AIRCROSS SUV PLUG-IN HYBRIDの特徴やポイントを直接ご案内しました。

静かでなめらかなプラグインハイブリッドの走り

さっそく運転席に座って、車を始動。走り出しは電気なので非常に静かなのが特徴です。「いつもみたいにぶるるん!とか、ないね」「うん、静か!」と嬉しそう。静かでなめらかな走りをさらに際立たせるのはシトロエン独自のサスペンション。快適なやわらかい乗り味を楽しんでいただけます。

上質なレザーの内装、座り心地のいいシート、室内空間

実際の使い勝手は年明けまでじっくり味わっていただくとして、今日は主にシートや内装を見てもらうことに。

開口一番「こういう細かい部分のデザインがいいですよね」とドア部分のレザー使いを褒めてくださった生沼さん。「外と中とで統一感のあるデザインがホントにいいなぁ」としみじみ。「5人家族なので、三座独立で真ん中の人もちゃんと座れるのも重要です。その点も最高ですね」とのコメントも。

レザーシートの上質さや実際の座り心地にはお子さんたちも大満足で、「この感じなら長く乗っていても快適そう」と長男くん。家族全員でドライブや車での温泉旅行などを楽しんでいるというご一家だけに、繭に包み込まれるかのような座り心地をぜひ堪能していただきたいと思います。

運転席と助手席の間にある肘掛け兼収納に対しては、娘さんが「わ〜、ぷにゅぷにゅしてて気持ちいい!しかも開けるとたくさん物が入るね!」と喜んでくれました。

かなり大きめに開くサンルーフにも「開放感があるね」「こんなに開いたら気持ちいい」とみんなで大喜び!

 荷物を持ったままOPENできるラゲッジルーム

ラゲッジルームはボタンひとつで開閉できますが、もし両手が荷物でふさがっていても大丈夫。カギを手に持ったまま車に近づき、ラゲッジの真下辺りに足をかざすだけでOPENします。

これには「旅行や買い物に行くと重い荷物をいっぱい持たされるから、この機能は絶対便利!」と次男くん。「上開きで雨にも濡れないのもいいね」と生沼さんも気に入ったようです。

日常の移動はガソリン不要、ロングドライブも快適に

近隣への移動は電動モーターのみのエレクトリックモードで。ゼロエミッションかつ極めて静か、振動も少ないEV走行が可能です。休日の遠出にはハイブリッドモードがおすすめ。優れた燃費性能を実現しながら、充電を気にすることなく快適なロングドライブが満喫できます。

「バッテリーは料金の安い深夜電力で充電していただいて、4〜5時間もあれば満タンになります。日常的な40〜50kmの移動は電気だけでまかなえますよ」と担当者からご説明すると「自宅に200Vの充電器をつけておいてよかったです!」と生沼さん。

車好きオーナーに聞く、「初シトロエン体験」の意気込みと計画

幼少期の愛読書は『自動車ガイドブック』。「スーパーカーなどではなく普通に街を走っている車が大好きで、見かける車の名前は全部言えるような子どもでした」という生沼さん。今でも2CVやCX、BXなどが走っているとつい目で追いかけてしまう筋金入りの車好きです。

ご自身で所有する車は現在の国産SUVで3台目。家族が増えていくのに合わせて乗り継いでいき、現在はお子さんたちの習い事の送迎、温泉旅行やアウトドアなど、まさに「家族の足として」愛車を大切に活用しておられます。

車への愛にあふれた生沼さんに、あらためてシトロエンへの想いや年明けまでどんな楽しみ方をしたいかなどを語っていただきました。

SUVのプラグインハイブリッドがシトロエンから登場した衝撃!

──今回シトロエンを試してみたいと思われたきっかけは?

まさにC5 AIRCROSS SUV PLUG-IN HYBRIDが登場したからです。プラグインハイブリッドというとコンパクトカーやセダンのイメージがあって、5人家族で乗ることを考えると実用的ではないなと思っていました。プジョーのe208が発表され、興味を持ち始めたのですが、わが家にはやはり小さすぎるかなと。そこに、シトロエンです。「この大きさでプラグインハイブリッドが出たか!」と衝撃を受けました。

──ご自宅に200vの電源をすでに設置されているそうで、準備万端ですね!

5年前に自宅を新築しまして、いずれ電気自動車が主流になるのは間違いないし、後から付けるより一緒に組み込んだほうがいいかなと。もしかしたらこれを口実に新しい車を買えるかも、という目論見もあって。私が車のことばかり話すので、家族は「また言ってる」という感じですけど(笑)。

すぐに買い換えようと決めているわけではありませんが、車の新しいテクノロジーに触れてみたいという想いはずっと持っています。シトロエンのプラグインハイブリッドは、性能だけを追求するのではなく、デザインやスタイルの提案を含めて、新たなステージに進んでいるなと感じます。

個人的に、国産車のエレクトリックには心が動かないんです。実用だけではダメだし、やたらと高級感を売りにされても引いてしまう。フランス車の遊び心あふれる魅力は、本当にバランスがいいですよね。

──本当に車がお好きなんだということが伝わってきます。

それは間違いないですね(笑)。
老後の夢は、ヨーロッパのどこか素敵な街のカフェに座って、道行く車を眺めながら日がな一日過ごすことなんです。「本国での仕様はこうなんだ」「あんな古い車が現役で走ってる!」「あれは日本にはないやつだ」なんて考えながら、人々が乗っている車をじーっと。

──最高に素敵な夢ですね!

「日常的な足」に「休日の遠出」にと、大満喫の予感!

──試乗期間中はどんな楽しみ方を予定されていますか?

子どもの送迎や買い物など「日常的な足」としてはもちろん、休日の遠出に使うのも楽しみです。5人家族で新幹線に乗ると高くつきますし、着いた先でも車のほうが圧倒的に自由度が高いですよね。

車以外の趣味として「マンホールカードとダムカードの収集」というのがありまして(笑)。マンホールカードは各地域の役所が作っているので観光課などに寄れるときは集めるようにしていますし、山深い場所に行くとダムがありますよね。そこにはダムカードというのが用意されているんです。カードをもらうためにそこへ行く、というわけではありませんが、何かのついでに立ち寄るひとつの目的地として、個人的に楽しんでいます。

あとは、新潟の親戚に新米を用意してもらい、挨拶を兼ねて車で取りに行くのが恒例行事なので、今年はシトロエンで行こうかなとも考えています。

現在の愛車は5人家族でも2列で乗れること、どこを走っても何の心配もないことなど、基本的にとても気に入っているのですが、燃費がよくないので「目的がない限りは乗らない」という感じ。C5 AIRCROSS SUV PLUG-IN HYBRIDは「車に乗ること自体」が目的になりそうです。あちこち出かけるのが本当に楽しみです。

生沼さんと車との日々がわかるTwitterはこちら

Twitter : @OrustanAmunio

今後、年明けまでシトロエンのコンフォートな乗り心地をご家族でじっくり楽しんでいただき、その様子はあらためてご紹介します!

文:Kaoli KIDOUE
撮影:清水 祐生