長岡 亮介(ながおか・りょうすけ)

長岡 亮介(ながおか・りょうすけ)

神出鬼没の音楽家。ギタリストとしての活動の他にもプロデュース、楽曲提供など活動は多岐にわたる。「ペトロールズ」の歌とギター担当。

フルゴネットとは

フランス語でライトバンという意味。たっぷりいろいろ積み込むことができる、荷室を持ったクルマのこと。シトロエンでは2CV をベースに、2CV FOURGONNETTEが有名で、多くの人々の生活に彩を加えました。

10月15日OA

29回目の放送となる今回は、長岡亮介のひとり語り。ゆるりとお話ししました。


都内某所「FOURGONNETTE」と名付けられた’特別な場所’からお届けする番組です。
29回目の放送となる今回は、長岡亮介のひとり語り。ゆるりとお話ししました。

長岡さんのシトロエンは只今、車検中

ペトロールズのツアー「eject」の東京公演だった昨日。
このツアーも残すところ26日(水) 福岡にて振替公演、 31日(月) 中野サンプラザホールの追加公演のみとなりました。ツアーのお話はおいおいお話していただけるのだとか…。
楽しみです。

そしてOAの次の日は茅ヶ崎の海にて、ペトロールズの演奏を……!
リスナーの皆さんの中には『PACIFIC BEACH FESTIVAL’22』に行かれた方もいるのではないでしょうか。また感想を送ってくださいね!

そんな近況報告の中で、明らかになったのがシトロエンちゃんたちを車検に出しているというお話。「これが困っちゃうんだよな〜」と話す長岡亮介。前回の車検の時は代車がシトロエンのエグザンティアということも明かし、「素晴らしかったので皆さんもぜひ乗ってみてくださいね」とリスナーに語りかけました。

今夜はマイクと私とお便り

今夜はいちばんシンプルな形、“マイクと私とお便り”。リスナーから届いたたくさんのお便りに長岡がお答えします。

ツアー「eject」の感想が届き、嬉しそうな長岡。「MCは予め決めているの?」というリスナーの問いに「MCは決まっていません、分かるでしょ?」と笑いながら話します。
名古屋公演ではライブ中笑ってしまって歌えなかったという面白話も聞くことができました。

そのほかにも赤坂カントリーハウスの平尾勇さん回の感想や人生初の教習場に通っている方からのお便り、Ami6でのドライブについてのお便りなど、今夜も幅広いジャンルの話題がリスナーの皆さんから届いています!

そんなお便りの数々に長岡も優しく皆さんのお便りに答えていきます。

いつも皆さんお便りありがとうございます!!

来週は蓄音機の音を楽しめる?!

先日の放送で、長岡が蓄音機の音に興味を、持っているというお話をしましたが、なんと来週は早速、蓄音機の魅力にフォーカスした社会見学編を放送予定!

古い古い蓄音機を数多く所蔵する、日本屈指ともいえる”ある場所”へ行って参りましたよ! 100年くらい前の蓄音機で、100年くらい前に録音された音を聴くという体験をした長岡。「やっぱり古いもの、歴史あるものに触れるのはいいですね」と見学した日のことを回顧しつつ、お話を続けます。

ちなみに長岡が持っている1番古いものは、父の形見のギター。
1951年製のギター。「古くてそれなりに歴史が刻まれている雰囲気のするものが好き」とのことです。

そんなお話の中で思い出したのが、福岡県の「今村天主堂」という教会へ行った時のエピソード。なんだか他とは違った雰囲気がすごく印象的だったのだとか。気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

「古くてちゃんと使われてるものはいい。残るにはそれなりの理由がある。そういう感じがします。ペトロールズの音楽もそうだといいなあ」と話す長岡亮介でした。

今夜もたくさんのお便りありがとうございました!
番組では引き続き、皆さまからのお便りをお待ちしております!
どしどしお送りくださいね!

そして繰り返しになりますが、来週はここ「FOURGONNETTE」を飛び出して、蓄音機を体験してきた模様をお届けします!
夏に行った葉山ドライブ以来となる ”外ラジオ”です! 現場はどんな様子だったか音から楽しんでいただけたら幸いです。

それでは、来週の放送もお楽しみに!

オンエア楽曲

N Side / Steve Lacy
Open Your Eyes / Bobby Caldwell
Goodbye Yellow Brick Road / Elton John
Side by Side / ペトロールズ
Good Morning Captain / The Black Crowes
Mary Don’t You Weep (Piano & a Microphone 1983 Version) / Prince

グーグルマップ

本日のライナーノーツ

FOURGONNETTEの扉を開けると、スタッフと打ち合わせを始めている長岡亮介の姿がある。楽しそうに談笑しながら、いつものようにお便りをセレクトする姿。慣れた手つきでお便りをさばいていくその姿は、もう完全にラジオパーソナリティーだ。でもきっと、その姿について話してみても長岡は「いやいや、そんなことないよ、そう?」なんておとぼけ顔をするんだろうけども、徐々に徐々に慣れてきた姿を近くで見てきたからこそ分かる、長岡さんはもう完全なラジオパーソナリティー! なんてことを考えながら、所定の位置に着く、筆者。打ち合わせが終了すると早速収録はスタートした。

今日はFOURGONNETTEのいちばんシンプルな形。“マイクと私とお便り”の収録。長岡亮介が皆さんのお便りに真摯に答えていく。今夜のお便りもさすがFOURGONNETTEのリスナーさんたち、いろんなジャンルで話題を提供してくれている。例えば、ツアー「eject」に行ったお話とか、人生初の教習所に通っているお話、そしてペトロールズにまつわる思いがけない体験をしたお話など、本当にたくさんのお話を皆さんが送ってくれる。だからこそ、長岡亮介は笑顔になる。これはいい循環ですね(笑)。いつも書いているけれど、お便りを読んでいる時がいちばん楽しそうなんです、長岡さん。特に今日はなんだか笑顔が多めだなと。

たまに台本を読み間違えたりして、「すみません」と謝るお茶目な姿も、中断中に読みたいお便りを紛失してしまううっかりな姿も1本の収録の中でいろんな長岡亮介の表情や仕草を見ることができる。エピソードを思い出す時には腕を組んで目を閉じていることが多いし、何かを思い出すとすかさずスマホを手に取って調べたりもする。

この日は椅子にあぐらをかいてラフに収録を楽しんでいましたよ。ところで、長岡さん、いつ頃までサンダルスタイルなんでしょうか。収録後、本人聞いてみたら、「うーん、11月頭くらいまではサンダルかな。靴下が嫌いなんだよね」とのこと。長岡亮介のサンダルスタイルはまだまだ続きそうです。

今夜は“マイクと私とお便り”でたくさんのお便りに答えていきました。1枚1枚、笑いながらお話しする、長岡亮介。今夜の収録も優しい雰囲気で幕を閉じました。皆さんどしどしお便りを送ってくださいね!

そして来週は、外ラジオ! 蓄音機の魅力にフォーカスする回です。ほら、やっぱり長岡さん蓄音機沼にハマりそうでしょう(笑)。古い〜古い〜蓄音機を数多く所蔵する、日本屈指ともいえる”ある場所”へ行って蓄音機の魅力についてお話を聞いてきたので、来週の放送もお聴き逃しなく!

それでは、今回はこの辺りで!
来週もお楽しみに!

文:笹谷淳介