長岡 亮介(ながおか・りょうすけ)

長岡 亮介(ながおか・りょうすけ)

神出鬼没の音楽家。ギタリストとしての活動の他にもプロデュース、楽曲提供など活動は多岐にわたる。「ペトロールズ」の歌とギター担当。

フルゴネットとは

フランス語でライトバンという意味。たっぷりいろいろ積み込むことができる、荷室を持ったクルマのこと。シトロエンでは2CV をベースに、2CV FOURGONNETTEが有名で、多くの人々の生活に彩を加えました。

12月24日OA

39回目の放送となる今回は、クリスマス・イヴ。東京・湾岸夜景ドライブの模様をお届けしました。

都内某所「FOURGONNETTE」と名付けられた’特別な場所’からお届けする番組です。
39回目の放送となる今回は、クリスマス・イヴ。東京・湾岸夜景ドライブの模様をお届けしました。

クリスマス・イヴの夜です。

今夜の放送は、「FOURGONNETTE」を飛び出して、東京・湾岸夜景ドライブ!
シトロエン C5 Xを運転する長岡亮介。スタート地点はオレンジのイルミネーションが素敵なお台場海浜公園前。車の走行音やウインカーの音とともに長岡が実況しています。

時間は土曜の22時。今夜は走っている車もトレーラーなどが見られ、「クリスマスでも働いていらっしゃいます」とひと言。

星が綺麗に輝く、今夜。C5 Xと長岡は、青海縦貫線〜東京臨海道路左折〜東京ゲートブリッジの順でずっと進んでいきます。

※参考画像

C5 X
C5 X

ゲートブリッジの右側には、千葉や横浜の夜景。左側には東京スカイツリーディズニーランドがある浦安の夜景も楽しめます。海から東京を見るというのはドライブの醍醐味ですね。

首都高に乗って……。

次に進むコースは、新木場〜首都高〜有明〜レインボーブリッジ

首都高速の新木場の入り口を右に入って、首都高を走ります。
若洲のマンションもたくさん立ち並んでいますね。

今夜運転しているシトロエン C5 X。
長岡は、「C5がずっとありましたが、C5 Xは背も高くなってSUVのような感じ」
「快適ですよ、シトロエンの味がありますね〜」と説明。

※参考画像

C5
C5

また、こういう車が好きな人はたくさんいると思う、ぜひ触れてみて欲しいとのこと。
素敵な車ということが、長岡の言葉から伝わってきます。


道は有明ジャンクションを通り過ぎ、どんどんお台場方面へ。

今夜は、シトロエンと私とドライブというなんとも贅沢な時間。
長岡は、1人で車と対話するのが好きなのだとか。

走り進めていくと、走行車の数も少なくなってきました。
京浜運河を渡り、倉庫街へ、羽田空港が近づいています。

空港にワクワクする長岡亮介

羽田空港が見えてきました。
空港に惹かれるという長岡。「ワクワク感、期待がありますよね。もちろん別れもありますが」と。「新しい旅・人生にでも向かうような空気が空港中充満しているような気がして、きらいじゃないですよね〜」とも。

空港に羽を休めた飛行機が並んでいました。

そして、Zepp Hanedaの上の広場から空港を望みます。
演奏以外でくるのは初めてのZepp Haneda。

車を停めて、滑走路が見えるところまで歩いてみます。

「滑走路の青と緑の光が好きです」とひと言。
これから飛び立つ飛行機も見えました。
辺りはひっそりとなんだか切ないような感じがしました。

ラジオ越しのドライブはいかがでしたか?

今夜は東京・湾岸夜景ドライブをお届けしました。
皆さん、いかがでしたか? 
長岡亮介との疑似ドライブを楽しんでいただけましたでしょうか。

来週は都内某所、「FOURGONNETTE」で年内最後の放送をお届けします。
大晦日の夜、ぜひお聴きくださいね。

そして、番組では引き続き皆さんからのお便りお待ちしています。今日の感想や、皆さんのオススメドライブコースなど、お待ちしています。メッセージはこの番組のサイトから送ってくださいね!

それでは、来週の放送もお楽しみに!

オンエア楽曲

Rudolph the Red Nosed Reindeer / Ray Charles
Santa Looked A lot Like Daddy / Buck Owens
Silent Night / 山下達郎
The Little Drummer Boy / Johnny Cash
Gotta Find a Way / The Moments
The Christmas Song / George Conedy

グーグルマップ

本日のライナーノーツ

メリークリスマス!! クリスマス・イヴがやってきましたね。リスナーの皆さんはどんなクリスマスを過ごされたのでしょうか。ケーキにチキン、そしてプレゼント。きっと楽しいクリスマスを過ごされたんでしょうね〜。というわけで今回の収録は、FOURGONNETTEを飛び出して、東京・湾岸夜景ドライブ! シトロエン C5 Xに乗り込み、長岡亮介が運転。皆さんに疑似ドライブ体験をしていただこうという特別な収録です。

早速、クルマに乗って、エンジンをかける長岡。
まずはドライブのスタート地点である、お台場海浜公園前まで、スタッフと共に雑談をしながら進んでいきます。車窓から見えるのは、東京の夜の景色。まだまだ働いている人や仕事を終えて帰路につこうとしている人などなど、東京にはいろんな風景が詰まっています。そうこうしていると、スタート地点のお台場海浜公園が。

うーん、なんだか夜のお台場っていいですね。海越しに見える東京の夜景。そして、オレンジのイルミネーション。クリスマスムードがたっぷりの場所で、夜景を見る長岡亮介。背の高いニット帽が似合っています。そして実は、インナーにはクリスマスツリーが描かれた可愛い洋服を着ていました。「一応ね(笑)」と少し照れくさそうにする長岡。スタッフ一同、みんな笑顔になりました。

さて、次に向かうのは、青海縦貫線〜東京臨海道路左折〜東京ゲートブリッジというコース。東京だけでなく、千葉や横浜の楽しめるこのコース。実際に実況しながら運転してくれる長岡。疑似ドライブ感が増してきましたね。ちょっとドキドキしちゃいます。
そこから新木場〜首都高〜有明〜レインボーブリッジと進み、お台場方面へと戻ってきました。レインボーブリッジから望む夜景も本当に綺麗。やっぱり東京って進む道で車窓から見える景色が一変するというか、いろんな表情がありますよね。素敵だな〜。

運転中も楽しそうな長岡。笑顔も多いし、本当にクルマが好きなんだなと思います。
夜もいい時間になり、走行車も減ってきた東京。京浜運河を渡り、倉庫街の方へ向うと羽田空港が見えてきます。「新しい旅・人生にでも向かうような空気が空港中充満しているような気がして、きらいじゃないですよね〜」と楽しそうに話す長岡。羽を休めた飛行機たちがなんだか綺麗に見えました。

そしてそして、クルマをZepp Hanedaに停めて、上の広場から空港を望みます。
演奏以外では初めてくると話す、長岡。青と緑に光る滑走路を見ながら、「好きだな〜」とひと言。飛び立つ飛行機なんかも見えて、爽快な気分。あっという間にドライブ収録の時間は流れ、お別れの時間。「お疲れ様でした」と颯爽と帰っていく長岡亮介もまた、カッコよかったです。

皆さんは今回の収録をどんな気持ちで聴いたのでしょう。ぜひ感想をお待ちしています。
来週は2022年最後の放送。大晦日の夜もぜひFOURGONNETTEとともにお過ごしくださいね。それでは今夜はこの辺りで。来週もお楽しみに!

文:笹谷淳介